SDGs実践ONDENの取り組み

感染症の影響で失業した友人たちに今すぐ仕事を

2020年4月からONDENではインドネシアとケニアの友人に英語学習の聞き手を務めてもらっています

【今までの送金実績】

インドネシア2020年4月〜

ケニア2021年3月〜

合計  ¥726,109 を聞き手への謝礼・寄付として届けています。

SDGsと英語の取り組みと実践

SDGsが叫ばれる今日、サステーナブルなビジネスとは可能なのだろうか。

ケニアの女性の32%が性的暴力を経験。DVなど居場所を追われるケースも多く、女性と子どもたちが安心して生活できる施設建設を計画中です

ONDENは施設建設はもちろん、女性たちが自立して生計をたてられるように

  • 毎月の安定した雇用
  • 人と繋がり社会から必要とされる喜び
  • 世界と繋がる嬉しさ

を提供します

アフリカのパワー

国連の予測によると、サハラ砂漠以南のサブサハラの人口増加は

  • 2019年10億6600万人
  • 2050年21億
  • 2100年38億:世界の人口の3割
  •  

写真を見てもらってもわかるように、日本の少子化と正反対で若いパワーが止まらない

これからはアフリカと繋がることがビジネスでもプライベートでも大きな鍵となるだろう

1万円あれば

ケニアの時給は約¥44(住む地域や職業により異なり¥44は高い方)

危険な仕事を余儀なくされたり、子どもが学校に行く代わりに労働力になったり

問題はは深刻だ

ケニア以外の国でも、少女が数万円で売られたりするニュースを目にするたび

ONDENが早く世界に広まれば と思う

安定した収入があれば

しかも月1万円プラス確保されれば、彼らの生活はどれほど変わるだろうか

代表 妙香の思いはこちら

企業・法人さまのご参加こちら

個人さまのご参加こちら